ニュース

イベント報告2022/06/28 the

春のお話会で ちば子ども発達センターより
春のお話会で ちば子ども発達センターより

 

ちょっと悩ましいエピソードから、

解釈を変えることで生まれる、楽しいエピソードまで。

ご参加の皆様、たくさんお話しいただき、ありがとうございました。

 

今回は、5日間で計14コマ、各回少人数で開催。

 

 

 

感覚体験ワークショップに参加されたご家族より…

『衝撃だった』

『もっと早く知っていればよかった』

『すべての人に体験してもらえたらよいのかも…』

等々、ご感想をいただきました。

 

 

 

先輩ママのゲストトークに参加されたご家族より…

『先が明るく見えました』

『癒されました』

『いつか来る、ゴールデンエイジに向け、ゆっくり見守っていこうと思いました』

『今焦ること、見直したいです』

『東田さんの本、読んでみます』

等々、皆さんの心にしみる、とても貴重な機会となったようです。

 

ちなみに、先輩ママが感銘を受けた、本の題名はこちらです。

『跳びはねる思考』

『自閉症の僕の七転び八起き』

東田直樹著

 

 

ぶりんぐあっぷちば子ども発達センター開所より、長く支援させていただいた子ども達を思い出し、

今一度優しく背中を押してもらえたようなひと時でした。

 

 

 

『支援者を本気にさせるマジック』

ご家族からいただく言葉に救われ、勇気づけられることも、結構多くあります。

そのたびに、技術と心と腕力、どれも磨いてがんばろう!と思います。

 

背筋をシュッと伸ばして、

子ども達が笑ってくれること、お母さんが笑ってくれること、

できることから少しずつ、

明日もみんなで考えていきます~~

 

7月2日、ぱぱの会も、ご参加お待ちしています!

 

【恵】