ニュース

活動日誌(全体)2015/11/24 the

旬を味わう part2

今年の初夏、スイカを目の前に“旬”の意味を学び、スイカ博士になった小学生がいました。suika

目の前でカットされるスイカを見て、眼をパチパチさせた小さなお友達がいました目

さあ、食欲の秋!子どもたちが食べたいもの、大人たちが食べさせたいもの。楽しみを加え、興味を引き出す仕掛けをたくさん用意して…柿、サツマイモ、リンゴ。

~楽しくてうっかり食べちゃったよ~

~おいしいかも~

おゆみ野教室、あすみが丘教室ともに、おやつ担当の先生は、皆が嬉しくなるようなおやつを選んでくることに余念がありません。

ぶりんぐあっぷのおやつは、おなかを満たすことが目的ではなくて、子どもたちとたくさんのやり取りの中で気持ちを共有し合える、とても大切な課題の時間として設定をしています。

お友達と空間や楽しみを共有すること、“食べたい”という意欲を使って表現や言葉を引き出すこと、先生のお話に耳を傾け感じ取ること、マナーを練習する、嗅覚や味覚を刺激する、調理に興味を持つ、手順を学ぶ、分け合うことを学ぶ、コミュニケーションを学ぶ・・・ねらいを上げたらきりがありませんにひひ

そうしていく中で、自然と食べられるものも増えていくのではないかな・・・

もしかしたら、おうちへ帰って、「やっぱりいらない」と言うお子さんもいるかもしれませんが、「なんだかみんなと一緒に食べたんだよね」という体験は少なからず脳裏に残るでしょう。

そのうちに、なんてことなく口にしている、そんな姿が見られることを期待してラブラブ

EPOちば” ぶりんぐあっぷ ホームページ URL→ http://www.bringup2013.org